×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


パパゲーノ流作曲法

 散歩のおりに、メロディーを、ガムをかむように
口ずさんで行くんだ。
たとえば、ショパンのピアノ協奏曲の1番、
オーケストラが響いたあとの
あの有名なピアノのメロディーを。
その甘くやるせないメロディーが、いつしか、
レーモンルフェーブルの演奏した
「シバの女王」になったよ。
そのメロディーがいつしか、着てはもらえぬ、
アリャアリャー、
なんと、「北の宿から」になったよー。
そのうち、アララ、なんかできた!

 わが「半沢音頭」は、
モーツァルトの魔笛のパパゲーノのアリア、
おいらは鳥さしが、
オクラホマ・ミキサーに化けたあと、
真室川音頭と炭鉱節をたして、
五月みどり/遠藤実さんを
香り付けしてできたものなのさ!


パパゲーノ流作詞法

 起  伊那のグルメの名物は、
   みんなが知っている

 承  元祖萬里/ばんりのローメンと
    高遠の亀まんさぁー

転  そこに強敵、しらけ餅、
    われらが、白毛餅

 結  蜂のこ、ザザムシ、イナゴだとぉー、
    そんなものばっかじゃねぇい





トップ・アイコン