×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



球  音楽への旅立ち 



今!この瞬間!

さあて、今!何から聴きましょうか?

いったい、どこに、おいらの聴きたい曲があるんだろう?

おまえなんか、苦労して、探すんじゃなかったよ。なんて

うっかりにもそんなこと、レコードに言わないためにも!

レコードを集め始めて35年!経った今でも、

次の一枚に出逢うことにワクワクするなあ。

輝き

今日の自分の一日のドラマのBGMとして

なにを、自分にプレゼントしましょうか?

思いついたままに好きな曲をここに載せてみましょう。

フォーレのノクターン4番、M・ロンかタリアフェロで。

ショーソンのポエムをジネット・ヌブー。

オランダのセレナーデをユリア・クルプ。

ショパンのピアノ協奏曲1番はM・ローゼンタール。

エドモンド・ホールでスィング・セッション。

サッチモでオチチョニア。

ナイト・イン・マンハッタンのリー・ワイリー。

ヴィック・ディケンソン・ショーケース。

ビリー・ホリディのラストアルバム。



たそがれ

心が疲れちゃったとき、ふっと、休みたくなったとき!

音楽のゆりかごの中で甘えていたい。


静かな海


そして、元気になれたなら

さあて、行進曲です。自分だけの!

静かにそよ吹く風のように

水面にやさしくさざなみがたっているように

大きな青空の中に真っ白い雲が浮かんでいるように

とっても、気持ちの良い時間が心のスクリーンを流れていきます。

音楽のやさしさって、流れたら、一度流れたら、潔く消えることでしょうか?

現実にいつも、後ろ髪をひかれながら歩いているようなときに、

今、この時間を止めたくっても、どうしようもないのに

ちっとも、とめることができない、そんなときに、

音楽は、潔く、消えていってしまう。

そんな、一瞬の輝きとして!



トップアイコン