×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


わさび田のパパゲーノの 
  
パパゲーノ・ソングブック


         
 散歩しながら、感じた歌たち!
モーツァルトではないけれど、626曲を作りたい!
とりあえず100曲の詞をまとめることにしよう!

のかんぞう

アクション

1/ ホームページ上にて、100曲分の作詞。
2/ その詞にて、作曲。 / 同時進行もあり。
3/ このコンピューターにて、CDを制作する。

それでは、気のおもむくままに、好き勝手な順序で
作詞してみたいと思います。

西駒ヶ岳と稲に映るカメラ小僧



 
作詞ページへ

1〜10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50


わさび田のパパゲーノの 
  
パパゲーノ・ソングブック
         

パパゲーノ・ソングブック 1〜10
サブタイトル 大空のカンバス

なんで!こんな馬鹿にしたような雲が??カメ雲



あの空で誰が描いてる 雲の落書き!

夏の夕方!

なんだあ!
もくもくと巨大なカメさんのような雲が浮かんでいた。

あんまりにも、大きすぎて、最小倍率のレンズにも
頭半分しか写らなかった!!
雲の中では、雷が光っていた。

大空のカンバスには、自由な雲の造詣が
本当に、気ままに、くりひろげられていく。

刻一刻と移り変わるスクリーン
こちらが、見ていようがいまいがかまわずに
上映される大自然の映画館

たまには、何もかも忘れて、覗いてみよう!

最近!みんな、人間がロボットのような暮らしになって
便利この上ない文明の中に、います。

おいらもふっと、あれ〜
この前、
朝陽が昇るのを見たのはいつだったっけ!
星空も、見ていないなあ!
海に行ったのは?

自然の中とか、ちょっと入りこんで
ふっと、休んでみたいなあ!って
感じているんだ。

恋愛とか、歌のテーマとしては、ちょっと
今時流ではないかもしれないけれど
唱歌とか、昔、歌った歌の中には
こういうものが多いね!

さあて、そんなテーマで、少し、詞を模索しよう。

また、今!こそ、花はどこへ行った?等の歌を
本当に歌わなきゃいけない時かもしれない!




1/ 仮想空間



2/ もしも! 

もしも、できることなら、鳥になりたい!
あの空の中を、自由に羽ばたく!

もしも、雲の上から、!

いつの間にか、僕に、羽根が生えたよ!
空をいつも飛んでた、夢を見たから!


3/   




わさび田のパパゲーノの 
  
パパゲーノソングブック
         

パパゲーノ・ソングブック 11〜20
サブタイトル
 長野県関係のオリジナルソング


長野県、信州の歌!

長野市、南みのわ村、

長野は雪! 松本は霧 諏訪は晴れ 箕輪は雨
伊那は曇り 飯田は雨
もひとつ、上田は?

あはは、パパゲーノ天気予報シリーズなんてどうだろう?

歌のテーマってドラマが必要なんだけど
日常生活においてそうめったにドラマはない。

テレビドラマでは、恋愛、出逢いと別れ
刺激的に殺人シーン
しかしだよ! 現実の中では、そんなこと
おきる方がおかしい。

そうしたら、タンポポが咲いてます。
白い雲がながれています。
風が吹いてきました!なんて、
報告のようなことしかいえない。

日々の生活では、それが一番幸せなのに
こと、歌の世界では、どうだろう。

しかし、これでは、弱った!!

長野は雪は、数少ない、ドラマのある歌。
キーワードは、長野*Uターン、
都会に出ていた主人公のUターンの歌。
善光寺、雪、長野駅、などがいろどりをそえる。

よーし、それでは、利用者激減で悩んでいる
松本空港の歌を作ったら!
キーワードは、松本空港*?(@_@)
ここは、松本空港にようこそ!ってなる何かを
くっつけてしまえばいいのかな。§^。^§

おいらが長野県の宝だと思う
松本に本拠地を持つ、鈴木鎮一さんの
才能教育をたたえる歌
愛に生きるは、以前に、紹介している。

それでは、少しでも長野県に関係していると思われる
曲たちを、集めてみるか!_(._.)_






11/ 青春18切符の旅 信州編


飯田線
岡谷を起点に、豊橋まで、走る電車は、飯田線
天竜川に沿って、山の中を、めぐる列車は、駅が多い
大田切抜ければ、駒ヶ根駅へ
中央アルプス宝剣が、空を突く

小海線
甲斐駒ケ岳をバックに小淵沢をでて
八ヶ岳山麓をめぐる小海線
清里過ぎたら長野県へ、最高地点を過ぎたら
野辺山のパラボラが
歩き始めた

大糸線
松本を離れた列車、安曇野をゆく
姫川沿いに、糸魚川まで


残雪きらめく白馬をゆけば
川とともに小谷の谷へ

飯山線
長野駅から越後川口へ
千曲の流れ見渡して
津南、十日町、
ここで、一風呂野沢温泉で
旅の疲れを、どこかしこ
気がつきゃ、貸切のよう、列車の中は
こんな贅沢、どこにある




トップ・アイコン